男性ホルモン抑制育毛剤

男性ホルモンとハゲかたの関係

女性と違い、薄毛になる部分が限定されるのが大きな特徴。
男性が薄毛になる場合は前髪の生え際部分、あるいは頭頂部から進行していきます。
なぜそのような薄毛の進行が見られるのか紹介していきます。

 

 

男性が生え際と頭頂部が薄毛になるわけ

男性が薄毛になる場合、生え際から進行するか、頭頂部から進行するかに分かれます。
あるいは両方が同時に薄毛になっていくケースもあります。

 

これはもともと男性が持っている男性ホルモンとの兼ね合いが大きいからです。
男性ホルモンは5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と吸着する作用があります。

 

この2つが結びつくことでDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる脱毛の原因物質が生まれてしまうんです。
そして最終的には男性ホルモンレセプターと呼ばれる受容体と結びつくことで、薄毛の指令が下されます。

 

これは血管と毛乳頭部分で起こること。
人間は、頭部全体に血管が通っていて毛乳頭もあるわけですから、頭のどの部分からハゲてもよさそうなものですね。

 

しかし、それでも前髪の生え際部分と頭頂部に限定されるのは男性ホルモンと5αリダクターゼが集まりやすい場所だから!
男性ホルモン、5αリダクターゼそれぞれ単体で存在する分には脱毛の原因物質に変化しません。

 

例えば男性ホルモンは陰部にも存在します。
しかし陰毛がハゲてしまうということはありませんよね。

 

それは5αリダクターゼが陰部周辺には存在しないからです。

 

 

なぜ前髪部分と頭頂部に存在するかは不明

男性ホルモンと5αリダクターゼが前髪部分と頭頂部になぜ集まってしまうのかは、
医学的にもまだ解明されていません。

 

ただ、薄毛の原因物質は判明しているため、抑制することは可能です。
5αリダクターゼの阻害効果があるフィナステリドやノコギリヤを使うことで薄毛が抑制されていきます。

 

薄毛に悩んでいる人には大切な成分です。
常用することで徐々に5αリダクターゼが毛乳頭から減っていき、薄毛が発症しにくい状態になります。

 

フィナステリドは男性ホルモンの産生低下作用があるため、
男性の体が女性化してしまうといった副作用が出ることもあります。

 

 

男性特有の薄毛の症状は、男性ホルモンと5αリダクターゼが原因と言えます。
この2つをいかに引き離すかが薄毛改善のポイントです。