男性ホルモン抑制育毛剤

男性ホルモンを抑制するフィーバーフューが今、注目されています!

これまで悪性の男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を防ぐには、フィナステリドが最も有効とされてきました。
ただ副作用があるため、登場から数十年経過しているにもかかわらず、なかなか世間に浸透しないといった現状があります。
そんな中、似たような効果がありながらも副作用がないフィーバーフューが注目を集めています。

 

 

フィーバーフューにはどんな効果があるの?

フィーバーフューはキク科に分類される白と黄色の花びらが印象的な植物です。
見た目はマーガレットにも見ていて非常に可愛らしい花。

 

この綺麗な花が、「ハゲに効く」というギャップがなんだかおもしろいですね。
フィーバーフューに含まれている主成分はパルテノライドと呼ばれるもの。

 

これは人間の体内にある還元酵素とテストステロンを引き離す作用があり、
定期的に体内に留めれば薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロンが
生まれにくくなるということがわかっています。

 

この説明でピンとくる方もいるかもしれません。
そうです。フィナステリドと似たような作用があるんです!

 

フィナステリドはプロペシアに入っている成分で、内服薬として流通しています。
しかしわざわざ副作用があるプロペシアを服用しなくても、
他の薬用成分で似たような効果があるというのは驚きですね!

 

医療用としての扱いになっていないため、フィナステリドほど強い作用があるとは言えませんが、
ハーブティーとして流通しているフィーバーフューの方が気軽に試すことができ、安全面でも魅力的です。

 

 

どんなメカニズムで薄毛を抑制してくれるの?

上記でテストステロンと還元酵素が交わりにくいと話しました。
人間の体には男性ホルモンのテストステロンと還元酵素が年齢を重ねるごとに増えていきます。

 

若いときは男性ホルモンが多く発症していても還元酵素の割合が少ないため、
薄毛になりにくい状況が保てていました。

 

しかし30代、40代になってくると還元酵素の割合が増えてくるため、
それだけ男性ホルモンとの結びつきの可能性が高まってきます。

 

還元酵素にはいくつか種類があるんですけど、「5αリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素は
男性ホルモンに吸着してしまう酸化還元酵素の一つ。

 

酸化還元酵素は簡単に言うと、物質を劣化させてしまう悪者のような存在。
それが男性ホルモンにくっついてしまうと髪の毛や皮膚などが退化してしまうんです。

 

酸化還元酵素は厄介なもので、普段の食事で抑制させるものがなかなかありません。
抗酸化作用があるビタミンCは多少効果があるものの、それだけで薄毛を抑制したり、
きめ細かい肌を取り戻すのは困難です。

 

そこで酸化還元酵素に対して有効な作用を持つフィーバーフューが、抜け毛抑制に役立つというわけ。

 

例えばゲームで敵を倒すときにも有効な武器を使ったりしますよね。
それと同じように還元酵素を倒すときにはその弱点を攻撃してくれるような
成分(フィーバーフュー)が必要なわけです。

 

薄毛の人は試してみる価値があるでしょう。

 

 

ハーブティーなどで簡単に摂取できるので薬を使ったり、育毛剤を買うのに抵抗がある人は
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。