男性ホルモン抑制育毛剤

男性ホルモンの抑制に効果的なノコギリヤシ

ノコギリヤシは植物から採取される成分のことで、
男女どちらも安心して使えるものとして脱毛症改善に用いられています。
具体的にどんな作用をもたらしてくれるのか見ていきましょう!

 

 

ノコギリヤシって何?

ノコギリヤシはその名の通り、葉っぱ1枚1枚が鋭く尖ったノコギリのような葉をしているヤシ科の植物です。
脱毛症改善として利用されているのは葉っぱではなく果実で、そのエキスが男性ホルモンを食い止め、
薄毛治療効果があるとして人気を集めています。

 

もともと医療用として使われていて、ヨーロッパでは生薬製剤として扱われているほど。
日本以外でも使われていることから、その安全性については高い評価を得ています。

 

 

ノコギリヤシを使うとなぜ薄毛が治るの?

ノコギリヤシを使用することでジヒドロテストステロンと呼ばれる薄毛の原因物質を防ぐことができます。
元々ノコギリヤシのエキスは前立腺肥大症に使われていたということもあり、
男性ホルモンの抑制にも効果があるもの。

 

男性ホルモンが少なくなればそれだけ還元酵素と合体してしまう可能性も少なくなりますから、
薄毛になりにくいというわけです。

 

男性ホルモンを抑制させる作用は、強力ではないので副作用も出ません。
長く使って徐々に変化が現れるようなものです。

 

それゆえノコギリヤシ単体では、すぐに薄毛を治すことはできません。
臨床結果では、「2年以上使用すればフィナステリドに匹敵する効果も期待できる」という見解があり、
プロペシアの代用品として使用している方も多いです。

 

 

ノコギリヤシを使うメリット

文中でちょっと触れましたが、ノコギリヤシの良いところは副作用がないところ。
男性ホルモンの低減や還元酵素の低減を与えるものは体調の変化が生まれがち。

 

作用の強いフィナステリドだと陰部に変化が出たりなど、ちょっと抵抗感が生まれてしまうところがあります。

 

しかしノコギリヤシは2年以上でようやく効果が見えてくるなど、緩やかな作用があるものですから
日本では医療用としての扱いにはなっていません。

 

簡単にドラッグストアやコンビニで入手することができます。
フィナステリドの副作用を懸念している方は、まずは男性ホルモンを抑制する育毛剤を使用し、
サプリメントとしてノコギリヤシの成分が入ったものを使って対処してみてはいかがでしょうか。

 

 

薄毛が進行しても、いきなりフィナステリドを含有したプロペシアを服用するのは疑問が残ります。
まずは安心して使えるノコギリヤシ配合のサプリメントから試すのが無難です。