男性ホルモン抑制育毛剤

女性の間で増えつつある男性型脱毛症

薄毛は男性の悩みと思われがちですが、中高年以降の女性も薄毛になる可能性があります。
それは男性ホルモンが原因。

 

どういったメカニズムで女性も薄毛になってしまうのか詳しく解説していきます。

 

 

女性も薄毛になってしまうのはなぜ?

女性でも生え際が薄くなったり、分け目が薄くなってしまう人がいますね。
特に中高年以降で薄毛になってしまう場合、女性ホルモンと男性ホルモンの
バランスが影響している可能性が高いです。

 

もともと女性は男性ホルモンより女性ホルモンが優位な状況になっています。
しかし年齢を重ねるごとに次第に女性ホルモンの分泌量が減っていき、
男性ホルモンと変わらない量になっていきます。

 

その結果、還元酵素と男性ホルモンが結びつきやすくなり、
ジヒドロテストステロンと呼ばれる脱毛の物質が発症され薄毛を招いてしまうわけです。

 

例えば、若いときでも出産直後に一時的に薄毛になる女性もいるでしょう。
これは出産によって女性ホルモンのエストロゲンが大量に流失し、ホルモンバランスが乱れ、
男性ホルモンが優位になっているからです。

 

つまり女性ホルモンを維持することこそが、女性の薄毛対策に必要なことになります。

 

 

女性ホルモンを維持するには

男性と違って女性の薄毛ケアは若干異なります。
男性の場合は男性ホルモンの抑制作用があるフィナステリドを服用することができますが、女性はできません。

 

女性は男性ホルモンの含有量が大きく変動することはありませんから、
「いかに女性ホルモンをキープするか」ということを重視すべきです。

 

そこでポイントとなるのがエストロゲンの生成。
エストロゲンは女性ホルモンの一つで薄毛解消だけでなく、妊娠する時にも必要なものです。

 

これは食事やサプリメントで補給していくことが可能です。

 

具体的には大豆イソフラボンがおすすめ!
食材で言うと豆腐や納豆、味噌などの大豆製品です。

 

毎日食事に取り入れるのが難しければサプリメントでも問題ありません。
またエストロゲンを生成する場所は卵巣なので卵巣の働きを活性化させることも大切。

 

そのためには血液循環を上げていく必要がありますから、ビタミンやミネラルなどが
豊富に含まれたものも摂取していきたいですね。

 

 

女性でも男性ホルモンが存在しますから、薄毛になってしまう可能性は秘められているわけです。
それを防ぐには、いかに女性ホルモンをキープするかということを意識してみてください。